mocomichihayami吧 关注:16贴子:3,526
  • 24回复贴,共1

【MOCO 】:B的战场

只看楼主收藏回复

これは「2016年ノベル大賞」を受賞したゆきた志旗の小説「Bの戦場 さいたま新都心ブライダル課の攻防」を実写化する作品。「最高の離婚」「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」などのフジテレビドラマに携わってきた並木道子が監督、お~い!久馬が脚本を担当する。

ストーリーは、自分をブスだと卑下してきたウェディングプランナーが、大野拓朗と速水もこみちが演じる2人のイケメン男性と三角関係に陥るというもの。よしこは「私はプライベートでは一度に何人もの男性を愛せるタイプなので困らないのですが、映画の中ではある決断をしないといけないのでちょっと困ってしまいます……。そんな主人公の恋心と決断の行方をどうぞお楽しみに」とコメントしている。

映画「Bの戦場」は2018年度公開予定。追加キャスト情報などは後日発表される。

ガンバレルーヤよしこ コメント

映画初出演の私を主演に選んでいただきとてもうれしい気持ちでいっぱいです。共演していただく速水もこみちさん、大野拓朗さん、お二人とも、この世のものとは思えないきれいなお顔をしておられるので、キュンとしたりドキドキするシーンなどは役作りなしで自然体で演じることができました。
映画では2人の男性の間で心揺れる役柄を演じます。私はプライベートでは一度に何人もの男性を愛せるタイプなので困らないのですが、映画の中では「ある決断」をしないといけないのでちょっと困ってしまいます……。そんな主人公の恋心と決断の行方をどうぞお楽しみに。

大野拓朗 コメント

よしこさんの空気感が大好きです。話しているとなんだか、昔からずっと一緒にいたかのような連れ感も。よく笑って、前向きで、お芝居のこととか、監督のアドバイスをたくさん聞いて、自分のものにしようとする姿勢は感動ものです。しかも一緒にいるうちに、外見も魅力的に見えてきたかも……。
とっても謙虚で、一生懸命で、面白いよしこさんを座長に迎えて、すごく温かい現場になっています。速水もこみちさんと僕、どちらがよしこさんのハートを掴むのか!? ぜひお楽しみに!

速水もこみち コメント

本作「Bの戦場」に参加させていただけることをとてもうれしく思います。作品中ではガンバレルーヤのよしこさんの上司であり、そして恋を抱く役になります。現在、チーム一丸となりがんばって撮影をしております。ブライダルという幸せをお手伝いする人たちの仕事ぶりと、その中で描かれるラブストーリーをお楽しみいただければと思います。


回复
来自iPhone客户端1楼2018-03-16 15:48
    https://mdpr.jp/photo/detail/6329126


    回复
    来自iPhone客户端2楼2018-04-25 17:57


      回复
      来自iPhone客户端3楼2018-05-29 09:44
        该楼层疑似违规已被系统折叠 查看此楼


        回复
        来自iPhone客户端4楼2018-10-12 19:04
          炭烧味MOCO


          回复
          来自iPhone客户端5楼2018-10-12 19:51
            官网:http://b-no-senjou.official-movie.com/


            回复
            6楼2019-01-17 17:56
              速水もこみち、ガンバレルーヤよしこに“アゴクイ”挑戦も「顔の脂で滑った」
              映画2019年2月7日 21時35分
              映画『Bの戦場』プレミア上映会の様子
              映画『Bの戦場』プレミア上映会の様子 クランクイン!
              フォトギャラリーを見る(35枚)

               お笑いコンビ・ガンバレルーヤのよしこが映画初主演を果たした『Bの戦場』のプレミア試写会が7日、都内で開催され、相方のまひる、速水もこみち、大野拓朗、有村藍里、おのののか、並木道子監督が舞台挨拶に登壇した。

              【写真】映画『Bの戦場』プレミア上映会フォトギャラリー

               本作は、自他ともに認める“ブス”のウェディングプランナーの、本人にとっても予想外の恋模様を『最高の離婚』などの人気ドラマの演出で知られる並木監督がコミカルに描き出す。

               「小雪です」と得意のネタから入ったよしこは、相手役のもこみちとの久々の再会に「元カレに会ったような気まずさがある」と謎めいた発言。もこみちもノリノリで周囲に「そこはあんまり突っ込んでいただくのはちょっと…」と恋人匂わせ風のコメントで笑いを誘う。

               “ブス”や“ブス専”といった刺激の強い言葉が多く使用される本作だが、もこみちは「聞こえは悪いかもしれないけど、現場ではピュアなラブストーリーを演じてました」と語る。劇中、壁ドンやアゴクイといった王道の胸キュンポイントがあるが「慣れていなくて…」と苦笑い。「アゴクイも、クイッとやってみたら、(よしこの)素敵な顔の脂で滑ってしまって…(笑)」と明かし、会場は笑いに包まれた。

               三角関係の一角を担う大野は、撮影後に何度かよしこを食事に誘ったそうだが、よしこは「全部お断りしています。軽い女と思われちゃいけないなと思って」とピシャリ。大野は「『女優に手を出すな』とか言い出すんですよ…」と苦笑を浮かべる。

               また、映画にちなんだ理想の結婚式に関するトークでは、有村は「あんまり呼べる人間がいないので、好きな方と2人でハワイとか行って、静かなところで慎ましくできれば…」とバラエティなどでおなじみの自虐モードで会場をわかせる。よしこは現場での有村について「『お休みの日は何してるんですか?』って聞いたら『渋谷に行って、ゴミ箱をあさるネズミを見てます』って言ってて、怖かった!」と有村の闇の深さを暴露し、会場は再び笑いに包まれていた。

               映画『Bの戦場』は3月15日より公開。


              回复
              来自iPhone客户端7楼2019-02-09 12:10
                该楼层疑似违规已被系统折叠 查看此楼


                回复
                来自iPhone客户端8楼2019-02-09 12:35
                  大野拓朗、速水もこみちは本当にB専と暴露!?ガンバレルーヤよしこ主演「B の戦場」プレミア上映会
                  2月 8, 2019 映画情報どっとこむ

                  Facebook にシェアこのエントリーを Google ブックマーク に追加LINEで送る

                  映画情報どっとこむ ralphガンバレルーヤのよしこが初主演の映画『B の戦場』が、3 月 15 日(金)より全国公開となります。

                  2016 年ノベル大賞受賞のゆきた志旗先生著『B の戦場』(集英社オレンジ文庫刊)を原作に、絶世のブスとエキセントリックなB専男の恋の駆け引きを描く、全ての女性を勇気づけるラブコメディ。

                  その全国公開を一ヶ月後に控え、プレミア上映会が行われ、ガンバレルーヤのよしこさん&まひるさん、速水もこみちさん、大野拓朗さん、有村藍里さん、おのののかさん、並木道子監督が登壇。ワチャワチャしたトークが繰り広げられました!

                  「B の戦場」プレミア上映会
                  日時:2 月 7 日(木)
                  場所:ユナイテッド・シネマ豊洲
                  登壇:ガンバレルーヤ(よしこ・まひる)、速水もこみち、大野拓朗、有村藍里、おのののか、並木道子監督

                  映画情報どっとこむ ralph先ず、ガンバレルーヤのよしこさん&まひるさんが登場!この二人に関しては客席も撮影可と言うことで、スマホの連射音!が凄!
                  その後も客席を通って一人一人ステージへキャスト&監督が向かう演出に、まず大盛り上がり。

                  主演のよしこさんの挨拶スタートですが・・・・

                  よしこさん:小雪です!間違えました
                  よしこさん:多部未華子です!
                  よしこさん:今日は女優モードで。1年前の撮影で、久しぶりに皆さんとお会いして。昔の彼氏に会ったような。。。気まずい感じ。を出さないようにします。女優ですから。
                  と、宣言してイベントはスタート。

                  映画情報どっとこむ ralph相方のまひるさんは

                  まひるさん:謎の女役。どこに出てるか探してみてください!

                  速水さん:楽しく一生懸命頑張って作った作品です。舞台挨拶は最初は沖縄国際映画祭。その後京都の映画祭。今回東京。素敵な仕上がりですので楽しんでください。

                  大野さん:この3人でお笑い担当。そして、速水さん、有村さん、おのさん、監督がお花担当です!楽しい時間にしたいです!

                  有村さん:久しぶりに外に出たので・・・緊張していますがよろしくお願いいたします。

                  おのさん:今日はありがとうございます。よろしくお願いいたします。

                  監督:お忙しい中、お越しいただきあありがとうございます。よしこさんの初女優の演出をさせていただきました!

                  と、其々ご挨拶。

                  映画情報どっとこむ ralphよしこさんは今回初お芝居&主役。苦労は

                  よしこさん:マネージャーさんから映画の主演決まりましたと聞いたときに、共演が有村さんとおのさんということで、絶対ロンハーのドッキリだと思いました!(おのさん:そう思いました!)撮影でもこみちさんが入ってきて、どっきりじゃないなと思いました。王子様。頭身おかしいじゃないですか!(笑)私の手の方が、もこみちさんの顔より大きい・・・・。恥ずかしいんですけど!
                  と、比べてみて恥ずかしがるよしこさん。

                  よしこさん:後、絶世の美女のブスの役。役作りは難しかったです。(笑)まあちゃんが読み合わせでもこみちさん役。でもこんな声だから。。。なんも入ってこなかったです!(笑)

                  もこみちさん:出会って話をしている中で、一緒にやっていけるなと思いました。

                  と、何気ない発言に

                  よしこさん:どういうこと。将来のこと?

                  と浮かれるが・・・・
                  もこみちさん:呼吸が合うのが速かったです。

                  よしこさん:監督に月9の主演だと思って。と言われて。

                  監督:そうですね。月9のヒロインのつもりで臨んでくれと。最初にお願いしました。

                  映画情報どっとこむ ralph意識の高いB専役の速水さんは

                  速水さん:僕は・・・何がおかしいのかなと。ピュアなラブストーリーを二人で演じたので。意識してないです。特に二人でいるときの興奮してましたから。
                  大野さん:もこみちさんは、ナチュラルにB専だと思います。(笑)

                  と、暴露?

                  速水さん:今回、壁ドンとかアゴクイとかあって。でも慣れていないので。大変でした。壁ドンはこんな感じだし、アゴクイも油でね。
                  と、実演。

                  大野さんはよしこさんと速水さんとの三角関係の役

                  大野さん:楽しそうに二人やってましたので、(座り込んで)僕はいじけてこうしてました。僕は、撮影後に何度もご飯誘ってるのに来てくれない。
                  よしこさん:全部お断りしています!軽い女と思われちゃいけない。

                  大野さん:女優に手を出すなと言われてしまいました!
                  と、大野さん撃沈中だと語ります。


                  回复
                  来自iPhone客户端9楼2019-02-09 16:26
                    今回ウェディングプランナーが働く結婚式場が舞台。理想の結婚式を聞かれると

                    有村さん:呼べる人間がいないので、二人でハワイとかで、慎ましくしたいです。
                    よしこさん:森の中のチャペル。32歳で今身近な人と結婚すると占い師に言われたので。。。(もこみちさん見て)運命の人かもしれない。

                    まひるさん:結婚式に道場やぶりがない。平和な結婚式をしたい!

                    おのさん:早いうちに結婚したいです。海が見えるところで・・・。
                    と話したところでお時間が・・・・

                    映画情報どっとこむ ralphそして、良い人感がにじみ出るフォトセッション。

                    最後に・・・

                    監督:よしこさんが芸人オーラを全部払拭して演じてくれています。本当に女優として演じ切ってます。素敵なヒロインでした。最後まで観て楽しんでください。

                    よしこさん:原作も素敵で。映画も素敵に仕上がっています。観たことがないラブストーリーになっていると思います。一生懸命恋してます!観て広めて下さい。

                    と舞台挨拶を締めました。

                    「Bの戦場」

                    3月15日(金)全国ロードショー
                    ストーリー
                    誰もが認める「絶世のブス」であるため、自らの結婚を諦め、ウェディングプランナーとして働く香澄(ガンバレルーヤよしこ)は、イケメン上司・久世(速水もこみち)から突 然プロポーズされる。しかし久世は、自称“意識の高いB専”で香澄のことを「ドブス」と好意を持って言い放つ。断じて事態を受け入れられない香澄は、久世を無視し仕事 に没頭するが、トラブル勃発。おまけに一緒に結婚式を彩るフラワーコーディネーター・武内(大野拓朗)にも好意をよせられてしまう…。「絶世のブス」である自分を心か ら「かわいい」と言ってくれる運命の相手はどちらなのか?三角関係が織り成す、ブスに素敵なウェディングプランナーの恋の物語。

                    ***********************************


                    出演:よしこ(ガンバレルーヤ) 大野拓朗 高橋ユウ 有村藍里 おのののか 山田真歩 安藤玉恵 / 速水もこみち 監督:並木道子(「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」「最高の離婚」)

                    原作:ゆきた志旗「B の戦場」(集英社オレンジ文庫刊)

                    脚本:久馬歩(ザ・プラン 9)
                    主題歌:「恋する私は美しい」平林純(フジパシフィックミュージック)
                    挿入歌:「きっと」ソンジェ from 超新星(YM3D/よしもとミュージックエンタテインメント)
                    制作:フジテレビジョン よしもとクリエイティブ・エージェンシー
                    製作:吉本興業
                    配給:KATSU-do
                    ©ゆきた志旗/集英社 ©吉本興業


                    回复
                    来自iPhone客户端10楼2019-02-09 16:28
                      2019.02.15(金)

                      速水もこみち 映画『Bの戦場』プレミア上映会
                      2月7日(木)に行われた、映画『Bの戦場』のプレミア上映会
                      に速水もこみちが出席した。



                      本作は、2016年ノベル大賞受賞のゆきた志旗著『Bの戦場』を原作に
                      絶世のブスとエキセントリックなB専男の恋の駆け引きを描く、
                      全ての女性を勇気づけるラブコメディとなっている。

                      お笑いコンビ・ガンバレルーヤのよしこさん演じる
                      香澄に好意を持つイケメン上司・久世役を務める速水は
                      「この作品は皆さんで頑張って楽しく
                      作り上げたものなので、今回観て頂けることを
                      大変嬉しく思います」と話し、
                      初共演となったよしこさんの印象について
                      「共演することをすごく楽しみにしていました。
                      撮影の前に、リハーサルを行ったのですが
                      回数を重ねる中で、早く(セリフの)呼吸が合いました」
                      と振り返った。

                      登壇者の仲の良さがうかがえ、掛け合いに終始笑いが起こる中
                      最後に速水は本作の魅力について
                      「笑いあり、涙ありの作品ですが、
                      その中に(よしこさん演じる)ウェディングプランナーとしての
                      お客様に対する姿勢や、一生懸命に働く姿が
                      すごく魅力的に映っています。
                      また、三角関係もありますが本当に
                      ピュアなラブストーリーなので
                      観終わった後、背中を押して頂ける、元気の出る
                      素敵な作品に仕上がっていますので
                      ぜひ楽しみにして頂けたらと思います」と語り、舞台挨拶は幕を閉じた。


                      回复
                      来自iPhone客户端11楼2019-02-15 11:15
                        速水もこみちが、ガンバレルーヤのよしこに壁ドン! 『Bの戦場』本編映像公開
                        3/6(水) 7:02配信
                        0
                        ぴあ映画生活
                        速水もこみちが、ガンバレルーヤのよしこに壁ドン! 『Bの戦場』本編映像公開
                        『Bの戦場』
                        3月15日(金)より公開される、ガンバレルーヤのよしこの初主演作『Bの戦場』。この度、よしこ演じる香澄が、速水もこみち演じる上司の久世から壁ドンで迫られるシーンを収めた本編映像が公開された。

                        その他の画像

                        本作は、2016年ノベル大賞を受賞した、ゆきた志旗による『Bの戦場』(集英社 オレンジ文庫刊)を原作としたもの。“絶世のブス”ゆえに、お姫様のような結婚式を挙げるという幼い頃からの夢を諦め、ウェディングプランナーとして働く香澄(よしこ)が、自称“意識の高いB専”である上司の久世(速水)と出会ったことで巻き起こるラブコメディだ。

                        メガホンを取ったのは、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』『最高の離婚』など、大ヒット恋愛ドラマの演出を手がけてきた並木道子だ。本作で満を持して映画監督デビューを飾る。共演には、フラワーコーディネーター・武内役で大野拓朗が参加するほか、高橋ユウ、 有村藍里、おのののか、山田真歩、安藤玉恵など、さまざまなジャンルで活躍する者たちが集結している。

                        公開となった映像は、仕事のトラブルをなんとか解決した香澄に、久世が交際を迫るシーン。香澄が「私のブスが誰かを勇気づけることもあるかもって」と安堵の一言を漏らすと、久世のキャラクターがクールな上司キャラから、B専キャラに豹変し、香澄に交際を迫る。さらに、香澄に対して「カリスマブス」「霊長類最高のブス」「絶滅危ブス」などとハイテンションでまくしたてる。ブスが可愛く見える、いわゆる“B専”ではなく、ブスがブスだからこそ好きだという自称“意識の高いB専”である久世の変人キャラが全開となっている。

                        そして香澄が、「なんで私なんですか。ブスなんていくらでもいるでしょ」と告白を断って帰ろうとすると、まさかの壁ドンで阻止。ドキドキのシーンになるのかと思いきや、またしても久世は「香澄さんともあろうブスが、最高のブスを見つけるのがどれだけ大変か分からないんですか」と、独特すぎるブス理論を展開してしまう。「僕と結婚してください」と改めてプロポーズするが、香澄はもちろん拒否。これまでに見たことのない、斬新な口説き文句の壁ドンシーンとなっている。

                        久世を演じた速水は、今回が壁ドン初挑戦。さらに別のシーンでは、“顎クイ”や“バックハグ”も披露している。本作は、定番の胸キュンシーンが満載ながら、久世というエキセントリックなキャラクターによって、笑わずにはいられない新感覚のラブコメディになっている。

                        『Bの戦場』
                        3月15日(金)より全国公開


                        回复
                        来自iPhone客户端12楼2019-03-06 09:25
                          最初はドッキリかと思いました! よしこさん&速水もこみちさんインタビュー【前編】




                           現在ブレイク中の女芸人コンビ“ガンバレルーヤ”のよしこさんが、映画初出演にして初主演を果たしました。タイトルは『Bの戦場』。ウェディングプランナーの香澄(よしこさん)が自称“意識の高いB専”のイケメン上司・久世(速水もこみちさん)と、式場選任のフラワーコーディネーター・武内(大野拓朗)のあいだで揺れる三角関係を描いたラブコメです。

                          インタビュー【前編】では、よしこさんと速水もこみちさんに撮影エピソードなどを伺いました。

                          最初はドッキリかと思いました(よしこ)

                          よしこさんインタビュー──よしこさんは映画初出演にして初主演ですが、オファーを受けた時の率直な感想は?


                          よしこ: 出演者の名前を見たときに、おのののかさんと有村藍里さんがあったので、『金曜★ロンドンハーツ』(テレビ朝日)のドッキリかと思いました(笑)。
                          その後、演技指導でフジテレビさんに呼ばれたんで、これは他局なんでドッキリじゃないなと。でも、『ロンハー』だったら局を超えてでもやりかねないので、これはどっちなんだろうと思っていたら、撮影の時に速水さんがいらっしゃったんで、そこでやっとこれはガチなんだなって。


                          ──もう、職業病みたいなものなんですかね(笑)
                          一方、速水さんは俳優として大先輩ですが、御一緒されていかがでしたか?

                          速水もこみち(以下、速水): 今回はよしこさんと二人でいるシーンがほとんどで、何度も何度も、これでもかっていうくらい練習を重ねたんですが、そのときのよしこさんの諦めない、まっすぐで一生懸命な姿に心打たれましたね。
                          お芝居も、笑わせる計算をして無理にお客さんを笑わせよう……という感じでは全く無く、結果それ以上のものが出せたんじゃないかなって気はしました。

                          Bの戦場インタビュー速水もこみちさんガンバレルーヤよしこさん
                          ──よしこさんが演じられた主人公“香澄”について教えてください。

                          よしこ: 何事にも一生懸命にまっすぐで、それ故に人がすごく寄ってくるところがあるんですよね。自分の恋や結婚を諦めているからこそ、色んな人を幸せにさせてあげたいっていう思いを持っている女性だとおもいます。


                          ──速水さん扮する久世はみんなの前ではクールですが、香澄と二人だとガラっと性格が変わっちゃうところがありますよね。

                          速水: 仕事は仕事として、プライベートはプライベートとしてしっかり分けているようなところもありますけど、情熱的にアプローチするあたり基本はラテン系の人かなって(笑)。


                          ──結構、酷いセリフをガンガン言うところがありましたが、心が傷んだりは……?

                          速水: 普通に考えると酷い台詞なんですが、久世にとっては悪口だとは思っていなくて……むしろ、愛情表現ぐらいの感覚なんですよね。
                          言葉的には、もちろん『ごめんなさい』って気持ちはあったんですが。でも、変に気を遣ってしまうと、逆によしこさんに失礼かなと思っていました。

                          月9のヒロインをイメージしました(よしこ)

                          ガンバレルーヤよしこさん 月9のヒロイン
                          ──並木道子監督から注文やアドバイスはありましたか?

                          よしこ: 並木監督はこれまでも『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』などの月9を撮られていらっしゃるので、「月9のヒロインを演じるようにして下さい」っておっしゃっていました。なので、私も月9のヒロインをイメージして演じていました。


                          ──月9のヒロインといったら、女優さんなら誰でも憧れる役どころだと思いますが、プレッシャーになりませんでしたか?

                          よしこ: 月9のヒロインになろう!……というよりも、ヒロインを降ろす…… “いたこ”感覚なんですよ(笑)。


                          速水: “憑依型”なんですよ、よしこさんって(笑)。


                          よしこ: だから、今回の現場では普段ネタでやっている多部未華子さんや小雪さんをおろさないように必死でした(笑)。


                          (一同爆笑)

                          壁ドンは苦戦しました(速水)

                          速水もこみちさんBの戦場インタビュー
                          ──一方、速水さんは苦労されたシーンはありましたか?

                          速水: ”壁ドン”のシーンがあったんですが、僕が慣れていないというか、そういう世代じゃなかったので、やり方がよく判らなかったんですね。手の付き方とか。それでアドバイスをもらったりはしましたね。


                          よしこ: 速水さん、相撲の張り手ぐらいの勢いで来るから、身長も大きいし、すごい迫力だったんですよ。ドキッていうよりもビビっちゃいましたね。


                          ──壁ドンの他に顎クイ、バックハグ……などありましたが、よしこさんとしては実際にされていかがでしたか?

                          よしこ: すごくありがたかったです。ホントは並木監督にキスシーンを入れて下さいっ


                          回复
                          来自iPhone客户端13楼2019-03-11 09:27
                            ──壁ドンの他に顎クイ、バックハグ……などありましたが、よしこさんとしては実際にされていかがでしたか?

                            よしこ: すごくありがたかったです。ホントは並木監督にキスシーンを入れて下さいってお願いしたんですけど、それは受け入れて頂けなくて、残念でした(笑)。でも、お芝居をしにいってるというよりは、もこみちさんに“恋をしにいってる”という感覚だったので、撮影が終わって以降、ちょくちょくお会いする時があるんですがなんだか“元カレ感”があるんですよね。ちょっと気まずい……っていうか(笑)。


                            速水:そうそう、お互いにね!(笑)
                            でも、“元カレ”……っていうのはちょっとね~、せめて“前付き合ってた人”にして欲しいな(笑)。


                            回复
                            来自iPhone客户端14楼2019-03-11 09:28
                              3年後に結婚?よしこさん&速水もこみちさんインタビュー【後編】




                               映画『Bの戦場』スペシャルインタビュー【後編】ではお二人の“幸せな瞬間”とストレス解消法について伺いました!


                              <<前編から読む


                              私、3年後に結婚するそうです!(よしこ)

                              ──この映画に出演されて、改めて”結婚”について考えられたりしましたか。

                              よしこ どんな結婚がしたいかなって色々考えましたね。実は、占い師の方に32歳で結婚するって言われたんですね。ということはあと3年後の話ですけど、付き合う期間とか含めて、いまの私の周りのメンツで考えたら速水さんかなって(笑)。

                              速水: 嘘つけ~(笑)。
                              昨年、この映画が沖縄国際映画祭で上映されたとき、レッドカーペットを大野拓朗さんと三人で腕組んで歩いていたら、よしこさん、映画祭に参加されていた他の俳優さんのことをずっと見ていたじゃないですか!

                              よしこ: だって、すぐ後ろにイケメン俳優がいたら、女としたら見たくなっちゃいますよ、ね!?


                              Bの戦場スペシャルインタビュー──イケメンばかりだと目移りしちゃいますよね、ちょっとわかります(笑)
                              ちなみに、速水さんは“結婚”についてはいかがですか。

                              速水: 僕もそうなんですが、男の人ってあんまりそういうことって友人といても話さないとおもうんですよね。だから、“理想の結婚”とかって全然判らなくて。

                              ──たしかに男性って、そもそもコイバナとかあんまりしてないイメージです。

                              速水: そうなんですよね。だから、そういう質問って意外と難しいんですよ。

                              よしこ: じゃあ、私と結婚するで良いじゃないですか。

                              (一同爆笑)

                              速水: 上手くまとまりましたね(笑)。

                              感謝の気持ちの先にある“幸せ”(速水)

                              速水もこみちさんインタビュー
                              ──ところで、結婚ってひとつの“幸せのカタチ”だと思うんですけど、お二人にとっての“幸せのカタチ”とは?

                              よしこ: いまはまーちゃん(相方のまひるさん)と一緒にいることですかね。家族みたいに、仲が良いんですよ。最近は一緒にお風呂に浸かるのが楽しいですね。そこでいろんな話をしたり歌ったり。ケンカすることもありますよ。
                              まーちゃんが気持ち良くなっておしっこしたとかしないとかで(笑)。


                              速水: 僕の場合は感謝の気持ちを常に大事にしているところがあって、その先に幸せはあるんじゃないかなって思うんですよね。まぁ、判り易い例で言うと、料理をよくやるんでその瞬間は幸せかなって思うんですけどね。


                              ──いまハマっているお料理はありますか?

                              速水 昔からやっていることなんで、特には無いですね。ただ、疲れたなって感じたら薬膳鍋を作るとか。僕は薬膳の資格を持っているので、要は病気になってからじゃ遅いんで、病気に罹る前に体の内側から直していく……ということなんですけどね。


                              ──速水さんらしいですね。そんな速水さん的に、女性がキレイに見える瞬間ってどんな時ですか?

                              速水: やっぱり、仕事だけじゃなくて、自分の好きなことに対して一生懸命に取り組んでいる姿勢にはグッとくるものがありますよね。それは女性だけじゃなくて、人としての魅力をすごく感じ取れる瞬間だと思います。

                              ストレス解消はお風呂!(よしこ&速水)

                              ガンバレルーヤよしこさん
                              ──さてここからは、普段ストレスやモヤモヤを感じたときの対処法を聞かせて下さい。

                              よしこ: 私はお風呂で叫ぶことですかね。
                              さっき、まーちゃんと一緒にって話しましたけど、ホントにたま~にですけど、疲れがたまっている時は一人で入ることもあるんです。で、頭を洗いながら「クソがっ!」って叫んだり(笑)。


                              ──プライベートでもおっしゃるんですね!(笑)

                              よしこ: このあいだ、まーちゃんに言われて気付いたんですけど、「クソってなんだよ」、「お前が言ったんじゃないか」って一人二役で喋っているんですって。でも、コレ、結構スッキリするんですよ。お風呂場ってあんまり外には聞こえないじゃないですか。だから、言いたいことを何でも言えますし、気持ちの整理は付けられますよね。
                              ただ、悪い気をバババって出しているせいか、直ぐにカビが生えちゃうんですよ(笑)。


                              速水もこみちさんインタビュー──ちょっとやってみようかって思いました(笑)。速水さんはいかがですか?

                              速水: 食事はもちろんですが、僕もお風呂は好きで、トレーニングをやっているときは一日三回は入るんです。しかも結構、長いんですよ。


                              ──半身浴ですか?

                              速水: そんな感じですかね。朝だと、今日はこういうことがあるからこうしようかとか、夜だったら今日一日を反省したりして、明日に繋げていくために頭の中で色々整理していますね。


                              よしこ: お風呂好き……って共通点ですね♡ 


                              回复(2)
                              来自iPhone客户端15楼2019-03-11 09:33
                                ガンバレルーヤよしこ、相手役の速水もこみちにガチ恋!?“絶世のブス”とイケメン上司のラブストーリー『Bの戦場』インタビュー
                                2019/3/11 10:00
                                ©株式会社AbemaTV


                                 自他ともに認める“絶世のブス”でウェディングプランナーとして働く香澄と、ブス好きを自称するイケメン上司・久世の恋模様を描いた『Bの戦場』(3月15日全国ロードショー/配給:KATSU-do)。ゆきた志旗の同名シリーズの小説を、お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」のよしこの初主演で映画化したラブコメディだ。よしこ演じる香澄に対して好意を込めて「どブス」呼ばわりし、突然プロポーズまでしてしまう上司の久世課長を速水もこみち、香澄の友達で好意を寄せるフラワーコーディネイターの武内を大野拓朗が演じ、監督はドラマ「最高の離婚」「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」などの並木道子。数々のヒットドラマを演出してきた気鋭の女流演出家だけに、笑いを誘いながらも恋に仕事に頑張る女性たちが思わず共感してしまいそうなシーンや、胸キュン要素もたっぷり。そんな作品で、異色のカップルを演じたよしこと速水もこみちにインタビュー。芸人らしく笑いを取りボケるよしこと、そんな彼女に絶妙なフォローを見せる速水。2人ならではの撮影の裏話を明かしてくれた。
                                よしこ、速水もこみちとのラブストーリーに「運を使い過ぎた」


                                回复
                                来自iPhone客户端16楼2019-03-11 09:43
                                  速水:大野さんが演じる武内は久世よりも、もっと近しい役どころで。よしこさんと気心も知れている。それがとてもナチュラルだから、観ていてちょっと妬けちゃうぐらいでした(笑)。

                                  よしこ:ホ、ホントですか♡ 速水もこみちさんに嫉妬される女ってなかなかいないですよね(笑)。

                                  速水:ですけど、昨年の4月に沖縄で開催された沖縄国際映画祭ではよしこさんは他の役者さんをずっと見てたんですよ。

                                  --それはどういう状況だったんですか?

                                  よしこ:映画祭でレッドカーペットを歩いていたら俳優さんがたくさんいて……。皆さんすごいカッコ良くて。もちろん、もこみちさんもすごくカッコイイんですけど。

                                  速水:よしこさんを真ん中にして大野さんと僕とで両脇で腕を組んで、3人で歩いてたんです。その時、どこ向いてるんだろうなと思ったら、よしこさんは後ろにいた俳優さんを見てました(笑)。

                                  よしこ:女って罪ですよね、たくさんの人を愛せるというか。イケメンなら、全員愛せますから。

                                  速水:(笑)


                                  回复
                                  来自iPhone客户端17楼2019-03-11 09:44
                                    ドキドキしすぎてほぼドキュメンタリー 監督からも「恋してるでしょ?」と指摘

                                    --映画では、お笑い芸人としてのよしこさんの時には見られない表情や姿がありました。演技をしてみてどうでしたか?

                                    よしこ:「月9のヒロインみたいに」って監督さんからも言われたので、その気になって演じてました。それに、香澄ちゃんはとてもまっすぐな女の子で、芯もしっかりしていたので、少しでも素敵に演じたいと思いました。

                                    速水:監督も本当によしこさんのことが大好きだったみたいで、現場でもじっくりと話し合って役を仕上げていったところもありますよね。

                                    よしこ:並木監督が一生懸命、演技指導をしてくださったんです。すごくきれいで女優さんみたいな監督さんで。カメラが回る前に、演技の見本を見せてくれるんです。その演技がとても綺麗だから、その後、私が何回やってもしっくりこない。なんか正解と違うみたいな感じで(笑)。もこみちさんとも撮影の合間に、読み合わせしてもらいました。現場はとてもあたたかい人たちが集まっていて、楽しかったというイメージしかないですね。

                                    --速水さんから見て、演技をしているよしこさんをどう感じましたか?

                                    速水:もともとよしこさんはベースに明るいよしこさんがいると思うんですけど、演じている時はお笑いの時の表情とは全く違っていました。今回は演技が初めてなので、最初は緊張されていたと思うんですけど、撮影の合間にずっと一人でセリフを何度も練習していたり。走ってきた後という設定のシーンがあって、ずっと走って息の上がった状態を維持してました。

                                    よしこ:私が休憩中も走っているので、もこみちさんが「そんなに走ったら疲れちゃいますよ」って心配してくださったのに、それを振り切ってやっていたんです。そしたら、その後の撮影が眠くなり、後悔したことがありました。

                                    速水:でも、よしこさんの一生懸命な姿を見て、現場も「よしこさんのために一生懸命やろう」って心が動いたんですよ。


                                    回复
                                    来自iPhone客户端18楼2019-03-11 09:45
                                      --久世課長が香澄に壁ドンやあごクイをしたり。ドキドキするシーンがいろいろありましたが、二人でどんな打ち合わせをしたのですか?

                                      よしこ:私はもこみちさんに身を任せるというか、普通にドキドキしていたら良かったので。私としては、“ごほうびタイム”ぐらいに思ってました。本当にキュンとして、それが顔にも出ちゃて。監督には「今、キュンとしてましたね。ちょっと恋してるでしょ?」ってバレバレ。まるでドキュメンタリーのように、リアルな私の恋を映してもらっているような感じでした。

                                      速水:壁ドンもあごクイも、僕の世代にはなかったシチュエーションなんです。だから、慣れてなくて。

                                      よしこ:えー、本当ですか、意外ですね。

                                      速水:いや、とんでもない。初めてでしたよ。

                                      よしこ:でも、お上手でしたよ。初めてのあごクイ♡

                                      速水:ただ、ちょっとよしこさんの素敵な脂で、手がつるっと滑っちゃって(笑)。

                                      よしこ:(笑)私、5分に1回、メイク直ししないと顔に脂が出ちゃって。とくに、すごかったですよね、あの時は。

                                      速水:(笑)


                                      回复
                                      来自iPhone客户端19楼2019-03-11 09:45
                                        速水もこみちは撮影合間も料理の話ばかり?

                                        ――作品の中ではよしこさんのコメディタッチのお芝居もありましたが、お笑いとコメディなお芝居には違いがありましたか?

                                        よしこ:いつものコントみたいに、「ボケます」みたいな感じでやらないようにしていました。というか、私、恋をするとボケられなくなるんです。芸人としては最悪なんですけど(笑)。今回の現場ではイケメンに囲まれて、普通に恋を楽しんでいる感じになっちゃって。だから、コメディタッチに演じなくてはいけないところも恥ずかしくなったり、つい忘れてしまったり。監督さんが指導してくださったおかげで、うまくやれたんじゃないかと思います。


                                        速水:いやいや、そう言うけど、よしこさんは自然に笑いを取ってしまうんです。そこはスゴイ! 改めていろんな意味で刺激も受けましたよ、さすがだなーって。

                                        よしこ:嬉しいです♡


                                        回复
                                        来自iPhone客户端20楼2019-03-11 09:46
                                          ――よしこさんから見て、速水さんのコメディのセンスはいかがでしたか?  

                                          よしこ:とてもあると思いました。試写会場の雰囲気を見たとき、みなさんは香澄ちゃんより久世課長で笑ってるんじゃないかなという印象があるぐらいです。役柄の設定もありますけど、もこみちさん自身もイケメンなのに気取ってない。ちょっと変わってるところもあって…。

                                          速水:えっ、僕、変わってる?

                                          よしこ:変わってますよ。話していても、なんか面白い。

                                          速水:お互い演技しているのに、撮影の合間に話すことは料理だったりとか?(笑)

                                          よしこ:そうなんですよ。自分のことを料理人って言い張って。ロケバスでも聞こえてくる話も料理ばかり。最初の頃、もこみちさんと何を話していいのかわからなかったんです。

                                          俳優さんと芸人じゃ、共通の話題を探すのも難しいし。でも、もこみちさんとは料理の話があった。それで、「朝、何を作るんですか?」と聞いてみたり。そのうち、普段、どんな生活をしてるんだろうとか思っちゃって。一度、夜中の1時ぐらいまで撮影があって。そのときに「いつもはこの時間、僕はもう寝てるから」というので、ますますどんな生活しているのかなと、いろいろと掘りたくなるところがある。そういうのって、芸人さんにも通じるところがあるというか。面白くて魅力がいっぱいある方なんです。

                                          ――速水さんから見て、よしこさんの女優としての可能性はどうでしょう?

                                          速水:よしこさんは自身でイタコと仰ってますよね。いろいろな女優さんが降りてくる。バラエティ番組でもよく披露されてますけど、いろんな顔というか表情が作れるから、映画だけでなくドラマなど今後いろんな面を見てみたいですね。


                                          回复
                                          来自iPhone客户端21楼2019-03-11 09:47
                                            ――最後に、一般的には容姿がいい方が有利なことが多いですよね。劇中でも、自分の容姿を気にして卑屈になる女性も登場します。でも、よしこさんが演じた香澄は前向きでいつも輝いている。そんな風に素敵に生きるにはどうしたらいいと思いますか?

                                            よしこ:私自身もこの見た目一本で、28年間やってきました。でも、親から「美人、美人」と言われて育ったおかげで、「何でこんな見た目に生まれてきたんだろう」と思ったことがないんです。この映画の香澄ちゃんは、内面がすごくきれいな内面美人。すごく素敵な人だから、久世さんみたいに愛してくれる人もいます。いつも前向きに、仕事と恋愛頑張っていれば、絶対に人生も楽しいと思います。

                                            速水:人によって、好みはさまざまですけど、人間は外見だけじゃなくて、一生懸命仕事をしている姿に惹かれる部分がある。まさにそれが、この映画の見どころにもなってると思うんです。香澄は仕事に対して、ひたむきに頑張るところがあって、そこに久世は惹かれる。内面から出て来るものに女の人も男の人も惹かれるんじゃないのかなと思います。


                                            回复
                                            来自iPhone客户端23楼2019-03-11 09:48
                                              よしこ/ヘアメイク:内藤森(DEXI)、スタイリスト:石井玲子(DEXI)

                                              速水もこみち/ヘアメイク:赤澤洋平、スタイリスト:冬

                                              テキスト:前田かおり

                                              写真:You Ishii

                                              (c)ゆきた志旗/集英社 (c)吉本興業


                                              回复
                                              来自iPhone客户端24楼2019-03-11 09:49

                                                扫二维码下载贴吧客户端

                                                下载贴吧APP
                                                看高清直播、视频!