佐藤健吧 关注:16,214贴子:200,226

【130307新作】佐藤健主演少女漫改编《迷雾中的蝴蝶》,女主大…

砂糖继续映画路线了,12月公映的话不知道何时开拍,不知道是不是东宝,但是电视台合作者貌似是富士,远目,求上CX各种宣番

下面上正式新闻


还记得当年的霸王大陆吗?满满的回忆都在这里! 三国英雄豪华阵容,英雄美女任你挑选!
佐藤健が青木琴美氏の少女漫画を映画化する「カノジョは嘘を爱しすぎてる」に主演!ヒロインは17歳・现役女子高生が大抜てき

〔映画.com ニュース〕 俳优の佐藤健が、青木琴美氏の人気少女漫画を映画化する「カノジョは嘘を爱しすぎてる」(小泉徳宏监督)に主演し、25歳の天才サウンドクリエイター・小笠原秋を演じることがわかった。また、16歳のヒロイン・理子役には、约5000人が応募した「リコを探せ!オーディション」を胜ち抜いた17歳の现役女子高生、大原樱子が选ばれた。


累计発行部数270万部を突破した原作は、音楽业界を舞台に孤高のサウンドクリエイター・小笠原秋と、才能を见出され剧的なデビューを饰る女子高生・小枝理子の恋爱を描く。その一方で、华やかに活跃するクリエイターたちが楽曲制作でどのように悩み、生み出していくのかという“ビジネス”としての侧面に迫る内容が、人気を博している。


佐藤は、プライベートや堤幸彦监督作「BECK」でギターの演奏経験はあるが、今作ではベースの演奏と作曲シーンにも挑む。自らの役どころを「カリスマ性があり、特に何をするわけでなくても人から注目され爱されるキャラクター」と分析。クランクインに际し、「作曲シーンや楽器の演奏シーンは剧中で重要なので、リアルに见せられるように今から気合を入れて准备をしています。少女漫画ならではの胸キュンなストーリーと、本格的な音楽シーンを楽しんでいただきたいです」と强い意気込みをみせている。


ヒロイン・理子役に大抜てきされた大原は、元「东京事変」のベーシストで今作の音楽プロデューサーを务める亀田诚治、メガホンをとる小泉监督らが満场一致で选んだ逸材。演技経験はほとんどないながら、幼少期から习っていたクラシック音楽でつちかわれた圧倒的な歌唱力を夸る。佐藤は「初めてカノジョの歌声を聴いたとき、本当に素晴らしくて鸟肌が立った」といい、原作の青木氏も「オーディション途中、まだたくさんの候补者が残るなかで、初めて彼女の歌声を聴きました。その时から、彼女だと思っていました」と绝賛している。


シンデレラガールの大原は、高校の友人が「『カノ嘘』のヒロインが、さく(大原のあだ名)にぴったり!」と话していたのを偶然闻き、オーディションの存在を知ったという。合格の报せを受けたときは「『无』でした。その后、徐々に『友だちにきっかけをもらって受けたオーディションに受かった』というめぐり合わせに感谢しました」と述懐。だからこそ、「テレビで见るだけの人だった佐藤健さんが秋役で、ドキドキしています。カメラの前に立ったことがほとんどないので紧张しますが、私なりにはじけてフレッシュに顽张りたいです」と気合をみなぎらせている。


「カノジョは嘘を爱しすぎてる」は、12月から全国で公开。


3月中旬开拍

佐藤健が天才サウンドクリエイター!人気少女漫画「カノ嘘」映画化
スポーツ报知 3月7日(木)7时4分配信
 俳优の佐藤健(23)が12月公开の映画「カノジョは嘘を爱しすぎてる」(小泉徳宏监督)で主演することが6日、分かった。累计270万部を突破している超人気少女漫画が原作。佐藤は天才サウンドクリエイター役で、胸キュンなラブストーリーに挑戦する。ヒロインの女子高生役は、约5000人のオーディションを胜ち抜いた新人の大原樱子(17)。物语の役柄と同じ“シンデレラガール”として、本格的な女优デビューを果たす。

 大ヒット映画「るろうに剣心」やドラマ「とんび」など映画、ドラマで活跃する佐藤が、初めて少女漫画原作の本格的ラブストーリーに挑む。

 原作は人気コミック「カノジョは嘘を爱しすぎてる」(青木琴美作)。09年の连载开始当初から映画化権の争夺戦が缲り広げられた话题作で、音楽业界を舞台に、25歳の天才サウンドクリエイターと女子高校生・理子の恋爱を描く。佐藤は初のベース演奏、作曲シーンにも挑む。

 佐藤は「(原作について)久しぶりに“THE 少女漫画”を読んだなという感じでした。自分が(主人公の)せりふを言うと思うと少し耻ずかしいですが、この世界にどっぷりはまれればと思います。少女漫画ならではの胸キュンなストーリーと、本格的な音楽シーンを楽しんでいただきたいです」とコメント。

 一方、ヒロインの理子役は「リコを探せ! オーディション」で约5000人の中から胜ち抜いた新人・大原樱子。佐藤も「初めて彼女の歌声を聴いたとき、本当に素晴らしくて鸟肌が立ちました」と话すほどの逸材だ。オーディションでは、元「东京事変」のベーシストで今作の音楽プロデューサー・亀田诚治氏らの満场一致で选ばれた。

 大原は都内の高校2年生。学校で友达が「『カノ嘘』の主人公が、さく(大原のあだ名)にぴったり!」と话したことがきかっけで、オーディションを受けたという。これまで演技経験はほとんどないが、幼少から习っていたというクラシック音楽で培われた歌唱力で、新风を巻き起こすつもりだ。

 大原は「“テレビで见るだけの人”だった佐藤さんが相手役で、ドキドキしています。カメラの前に立ったことがほとんどないので紧张しますが、私なりにはじけてフレッシュにがんばりたいです」と话している。

 撮影は3月中旬から开始予定。果たして、2人の恋の行方はどうなるのか。今年の年末、必见の一作となりそうだ。

 ◆佐藤 健(さとう・たける)1989年3月21日、崎玉県生まれ。23歳。06年、テレビ朝日系「プリンセス・プリンセスD」で俳优デビュー。10年の日本テレビ系「Q10(キュート)」で连続ドラマ初主演。代表作に映画「るろうに剣心―明治剣客浪漫谭―」、ドラマ「ROOKIES」「ブラッディ・マンデイ」など。现在、TBS系ドラマ「とんび」に出演中。身长170センチ。血液型A。

 ◆大原 樱子(おおはら・さくらこ)1996年1月10日、东京都生まれ。17歳。都内の高校に通う现役女子高生。ピアノを10年间、ダンスを8年间、バレエを6年间行う。身长158センチ。血液型A。


映画「カノ嘘」秋は佐藤健、理子は亀田诚治绝賛の女子高生
亀田诚治が音楽プロデュースを手がける映画「カノジョは嘘を爱しすぎてる」が2013年12月に公开。このメインキャストおよびキービジュアルが公开された。

【その他の写真を见る】

「カノジョは嘘を爱しすぎてる」通称「カノ嘘」は、音楽业界を题材にした恋爱マンガを原作とした作品。主人公の小笠原秋役は佐藤健に、ヒロインの小枝理子役は约5000人の中から选ばれた新人・大原樱子に决定した。大原は1996年生まれの现役女子高生で、オーディションでは小泉徳宏监督や亀田ら审査员阵の満场一致で选ばれたという。なお佐藤も「初めて彼女の歌声を聴いたとき、本当に素晴らしくて鸟肌が立ちました」とその歌声に賛辞を送っている。

亀田も「何か、歌う事に対する覚悟がちがって、歌に込められた思いがものすごい热量でこちらに向かって飞んできました。初めて会ったその日から、理子はこの子になるだろうなと予感したのを覚えています」と大原の存在感を绝賛。また彼は映画について「とにかく『新しい音楽映画に』したいのです。全部が新しい必要はなくて、『どこか新しい』と感じさせるもの」「最高の音楽青春映画を目指します」と意欲を明かしている。


亮点:3月中旬到5月中旬摄影
东宝系,12月公开
估计是和去年5GN和村长同样的圣诞档期
某人GJ啊,已经可以做东宝系电影的主演了
制片人说2年前开始企划,那个时候就很想,除了某人以外没人适合这个角色
——————————————————————————

映画「カノ嘘」秋役に佐藤健、理子は公募で选ばれた17歳
2013年12月に公开される青木琴美原作の実写映画「カノジョは嘘を爱しすぎてる」にて、小笠原秋役と小枝理子役を演じるメインキャスト2名が発表された。
主人公の天才サウンドクリエイター・秋役を务めるのは、映画「るろうに剣心」の绯村剣心役などで知られる佐藤健。そしてヒロインの理子役は、「リコを探せ!オーディション」にて约5000人の中から选ばれた、17歳の现役女子高生・大原樱子が演じる。

理子役を演じる大原について、原作者の青木は「オーディション途中、まだ沢山の候补者が残る中で、初めてカノジョの歌声を闻きました。その时から、カノジョだと思っていました」とコメント。圧倒的な歌唱力でスターダムを駆け上がるという理子の役どころと重なる、シンデレラガールの演技に期待が高まるところだ。

小笠原秋役・佐藤健コメント

もともと自分自身、音楽が大好きでアーティストの方々への憧れもあったので、今回の役は本当に楽しみです。(原作を読んだ感想は)久しぶりに” THE少女漫画“を読んだなと言う感じでした。自分が(秋の)台词を言うと思うと少し耻ずかしいのですが、この世界にどっぷりはまれればと思います。小笠原秋という役は、カリスマ性があり、特に何をするわけでもなくても人から注目され爱されるキャラクターです。初めて(ヒロイン・小枝理子役の)大原さんに会ったときに、弾き语りをして歌を聴かせてくれたのですが、本当に素晴らしくて鸟肌が立ちました。とにかく声が良い!诚実で纯粋で何にも染まっていない感じが理子にぴったりだと思います。(撮影を迎えるにあたり)作曲シーンや楽器の演奏シーンは剧中で重要なので、リアルに见せられるように今から気合を入れて准备をしています。少女漫画ならではの胸キュンなストーリーと、本格的な音楽シーンを楽しんでいただきたいです。是非公开を楽しみにして下さい!

小枝理子役・大原樱子コメント

オーディションを受けたきっかけは、学校で友だちが「『カノ嘘』のヒロインが、さく(大原のあだ名)にぴったり!」と话していたのを偶然闻いて、オーディションがあることを知ったことでした。歌を歌うことはずっと好きで、小さい顷からクラシックを习っていて、高1の文化祭のあとからボイストレーニングをはじめました。(5000人の中から)选ばれたと闻いたときは「无」でした。その后徐々に「友だちにきっかけをもらってオーディションを受けて受かった」という巡りあわせに感谢しました。“テレビで见るだけの人”だった佐藤健さんが秋役で、ドキドキしています。カメラの前に立ったことがほとんどないので紧张しますが、私なりにはじけてフレッシュにがんばりたいです。

原作者・青木琴美コメント

【佐藤健に関して】私は、キャスト选定には一切関わりませんし、口も出さない主义です。ただ、主义はあれど、思いは别で。心の中ではこっそり、「切ない瞳をした人になればいいな…」とか、「优しい声を持った人がいいな…」とか、なにより「役になれる人がいい」、そう思っていました。佐藤健さんは、その全部を持っている方でした。【大原樱子に関して】オーディション途中、まだ沢山の候补者が残る中で、初めてカノジョの歌声を闻きました。その时から、カノジョだと思っていました。最终选考に残った数人が、数か月に渡ってレッスンを受けている最中、カノジョだけは、ボイストレーニングの先生から「教えることは何もない」と言われたと闻いた时にも、特に惊きませんでした。私はオーディション过程で一切口を出しませんでしたが、カノジョが理子になると知っていました。それくらいとびきりの女の子です、大原樱子ちゃんは。



监督・小泉徳宏コメント

【佐藤健に関して】小笠原秋は、どこにいても何をしていても哀愁が漂う、およそ主人公らしからぬ少し変わった人物。その役に相応しい俳优を探すにあたってまず考えたのは、ただそこに立っているだけで絵になる役者に演じて贳いたい、という事でした。佐藤健さんは背中だけでも芝居ができる稀有な俳优です。佐藤さんの事を思い浮かべたその瞬间から、秋を演じている佐藤さんしかイメージできない病に罹り、もはや他の俳优では考えられないぐらいになってしまいました。佐藤さんほどこの役に相応しい俳优はいません。今回の映画では、佐藤さんの伫まいと色気を中心に作品にしていこうと思います。【大原樱子に関して】オーディションを始めた当初は、正直言って「本当に见つかるだろうか」という不安もありました。原作で描かれる小枝理子があまりにも完璧で、歌が上手く、芝居もできて、人间として芯が通り、一方で天真烂漫なところもあるという女の子が、现実の世界で见つかるとは思えなかったからです。ところが第一回の书类选考で、大原さんから送られてきた歌声を闻いて「あ、この子が理子だ」と直感で思ったのをよく覚えています。他にも多くの有力候补がいる中、大原さんの歌唱力、存在感は圧倒的でした。仆が抱いていた不安は大原さんと出会えた事で惊くほど呆気なく消し飞んだのです。それと同じように映画の中でも、小笠原秋の抱える悩みや不安を、きっとカノジョが消し飞ばしてくれるでしょう。

音楽プロデューサー・亀田诚治コメント

【理子役に大原を选んだ理由】理子には、まったくの新人の大原樱子を选びました。満场一致です。大原樱子を选んだ理由は、その声です。彼女が初めて审査室で、仆らを目の前に歌った时、その声をもっと闻きたいと思いました。そして小さな体から発せられる、その歌に圧倒されました。何か、歌う事に対する覚悟がちがって、歌に込められた思いがものすごい热量でこちらに向かって飞んできました。初めて会ったその日から、理子はこの子になるだろうなと予感したのを覚えています。演技にも前向きで、小泉监督からのちょっとしたアドバイスを、すぐに取り入れていく勘の良さのようなものを感じました。もちろん、この勘の良さは、彼女の音感にもそのまま生かされています。ですから、いくつもの审査を乗り越え、大原樱子が理子役に选ばれたのは、きわめて能动的、必然的に思えます。【音楽プロデューサーとして映画「カノ嘘」で表现したいこと】全ての楽曲が、この映画「カノ嘘」用に、新しく书き下ろされています。とにかく「新しい音楽映画に」したいのです。全部が新しい必要はなくて、「どこか新しい」と感じさせるもの。今まで数多くの音楽映画を観てきましたが、なんか当たり前のバンド像や音楽シーンに収まっている気がして。だから、原作を読み、脚本を読み、仆のレコーディング现场も彻底取材してもらって、原作の持つビビッドな音楽観をしっかりと増幅した、最高の音楽青春映画を目指します。大原樱子演じる小枝理子を辉かせるためにも、佐藤健演じる小笠原秋を辉かせるためにも、映画「カノ嘘」の世界でしかつくれない音楽を作りたい。音楽制作もいよいよ大诘めになってきました。役者さんたちも一生悬命楽器のトレーニングをしています。仆の作る音楽が、监督をはじめスタッフと化学反応を起こして、映画を见る人たちに感动と、梦と希望を与える。そんな映画にしたいのです。

プロデューサー・土屋健コメント

【佐藤健のキャスティングについて】2年前にこの企画がスタートした时から、繊细さとカリスマ性を持ち合わせる小笠原秋は、佐藤健さんしかありえないと思っていました。最终的にお返事を顶き、心から嬉しく思っています。【大原樱子の选考について】昨年の6月末に応募を缔め切り、约半年渡り选考を重ねて来ました。5000人の応募者のレベルは本当に高く、本当に嬉しくも悩ましい选考过程でした。実写映画における小枝理子に相応しい人は谁か、亀田さん、小泉监督と议论と选考を重ねました。大原さんに最终的に决めた一番の理由は、その圧倒的な歌唱力でした。小さな体から発するその声の魅力は、青木先生が描かれたリコそのものでした。その歌の存在感は、夏に初めて会った时から、ずば抜けていました。それから、お芝居、キャラクター様々なチェックを缲り返しました。そして、私たちは确信しました。大原樱子さんが、小枝理子だと。大原さんは、友达からまたまたこのオーディションの话を闻き、応募してくれたそうです。今は、その友达と运命の偶然に感谢したい気持ちでいっぱいです。

映画「カノジョは嘘を爱しすぎてる」

监督:小泉徳宏脚本:吉田智子音楽プロデューサー:亀田诚治原作:「カノジョは嘘を爱しすぎてる」(青木琴美作 小学馆・Cheese!フラワーコミックス刊)撮影:2013年3月中旬~5月中旬予定公开:2013年12月 全国东宝系


『カノジョは嘘を爱しすぎてる』佐藤健の相手役は约5000人から选ばれた现役女子高生!
青木琴美の同名漫画を実写映画化することが决まっていた『カノジョは嘘を爱しすぎてる』。本作の主人公・小笠原秋役に佐藤健が起用され、ヒロイン・小枝理子を「リコを探せ!オーディション」で约5000人の中を胜ち抜いた大原樱子が演じることがわかった。1996年生まれの17歳、现役女子高生の大原は、演技経験はほとんどないながら、幼少时から习っていたというクラシック音楽で培われた歌唱が魅力。有名プロデューサーに才能を见いだされ剧的なデビューを饰るヒロイン・理子役にふさわしく、圧倒的な歌唱力が决め手となり、小泉徳宏监督や音楽プロデューサー・亀田诚治らの満场一致で选ばれた。

【写真を见る】原作のヒロイン・小枝理子を演じる大原樱子に原作者も纳得

原作は、音楽业界を舞台に、25歳の天才サウンドクリエーター・秋と、普通の女子高生・理子の年の差恋を描き、単なるラブストーリーというだけでなく、突如スターへの阶段を駆け上がる天性の歌声を持つ理子をはじめ、华やかに活跃するクリエイターたちが、音楽作りの过程でどのように悩み、楽曲を生み出していくのか、ビジネスとしての音楽をリアルに描いている。

オーディションは、2012年3月末から6月末までの约3ヶ月间、募集を行い、约5000人が応募。応募者を対象に、书类审査、対面审査、歌唱审査、演技审査などを2012年6月末から2013年1月中旬までの约半年间をかけて行った。大原がオーディションを受けたきっかけは、友人の「『カノ嘘』のヒロインが、さく(大原のあだ名)にぴったり!」と话していたのを偶然闻いたことから。オーディションを见守っていた、原作者・青木は「まだ沢山の候补者が残る中で、初めてカノジョの歌声を闻きました。その时から、カノジョだと思っていました」と太鼓判を押す逸材だ。オーディションを始めた当初は、「本当に见つかるだろうか」という不安もあったという小泉监督は、第1回の书类选考で、大原から送られてきた歌声を闻き、「あ、この子が理子だ」と直感。オーディションを振り返り、「ほかにも多くの有力候补がいる中、大原さんの歌唱力、存在感は圧倒的でした。仆が抱いていた不安は大原さんと出会えたことで惊くほど呆気なく消し飞んだのです」と明かす。

佐藤が演じる天才サウンドクリエーター・秋は人気バンド、クリュード・プレイの元メンバーでベーシストだったが、メジャーデビュー前にバンドを脱退し、现在は作曲家として楽曲提供を行っているという、才能はありながら屈折した人物。佐藤自身も「なにもしなくても人から注目され、爱されるカリスマ性のある人物」と评する、少女マンガらしいカリスマ性溢れるキャラクターだ。原作者・青木はキャスト选定には一切関わりませんし、口も出さない主义。しかし、「心の中ではこっそり、『切ない瞳をした人になればいいな』とか『优しい声を持った人がいいな』とか、なにより『役になれる人がいい』」という思いがあったようで、「佐藤健さんは、その全部を持っている方でした」と纳得のキャスティングのようだ。プライベートや『BECK』(10)でギター経験はあるものの、ベースは初めてという佐藤は、本作でベースの演奏と作曲シーンに挑戦。撮影に向け、「作曲シーンや楽器の演奏シーンは剧中で重要なので、リアルに见せられるように今から気合を入れて准备をしています。本格的な音楽シーンと、少女漫画ならではの胸キュンなストーリーを楽しんでいただけたら」と意気込みを语る。

2人が初めて会った际、大原は佐藤の前で弾き语りをして、その歌声を披露。佐藤は「本当に素晴らしくて鸟肌が立ちました。とにかく声が良い!诚実で纯粋で何にも染まっていない感じが理子にぴったり」と绝賛だ。佐藤との共演に、大原は「テレビで见るだけの人だった佐藤健さんが秋役で、ドキドキしています。カメラの前に立ったことがほとんどないので紧张しますが、私なりにはじけてフレッシュにがんばりたいです」と心境を明かした。本作の撮影は3月中旬から5月中旬まで行われる予定、12月公开となる。【Movie Walker】


佐藤健、期待の新星と年の差恋爱!映画「カノジョは嘘を爱しすぎてる」に主演!


青木琴美による人気少女コミック「カノジョは嘘を爱しすぎてる」実写映画化のメインキャストが発表となり、俳优の佐藤健が主演を务め、约5,000人规模のオーディションで选ばれた新星・大原樱子がヒロインを演じることが明らかになった。

 人気コミック「仆は妹に恋をする」「仆の初恋をキミに捧ぐ」で知られる青木が、音楽业界を舞台に选んだ本作。25歳の天才サウンドクリエイター・小笠原秋と普通の女子高生・小枝理子との年の差ラブストーリーを轴に、音楽クリエイターたちが抱える悩みや音楽の「ビジネス」としての侧面をリアルに描き出し、现在までに累计270万部を突破する人気を博している。

 佐藤が演じる秋は、人気バンドの元ベーシストだったがメジャーデビュー前にバンドを脱退し、作曲家として活动中というキャラクターで、佐藤自身は「何もしなくても人から注目され、爱されるカリスマ性のある人物」とコメント。剧中ではベース演奏と作曲シーンにも挑戦しており、「本格的な音楽シーンと、少女漫画ならではの胸キュンなストーリーを楽しんでいただけたら」と意気込みを语っている。

 またその秋に恋をする、天性の歌声を持ったヒロイン・理子を演じるのは、约5,000人规模のオーディションにおいて、メガホンを取る小泉徳宏监督はじめ审査员の満场一致で选ばれた17歳の现役女子高生・大原樱子。佐藤が「初めて彼女の歌声を聴いたとき、本当に素晴らしくて鸟肌が立ちました」と绝賛する声の持ち主で、原作者の青木も、初めて歌声を聴いたときから「カノジョだと思っていました」と太鼓判を押す逸材だ。

 演技経験はほとんどない新人で、「“テレビで见るだけの人”だった佐藤健さんが秋役で、ドキドキしています」と初々しく语る大原だが、「カメラの前に立ったことがほとんどないので紧张しますが、わたしなりにはじけてフレッシュにがんばりたいです」と気合は十分。映画の撮影は今月中旬から开始予定となっており、役柄と同じく「シンデレラガール」として撮影に挑む大原と、若手俳优トップクラスの人気を夸る佐藤の共演が、どんな化学反応を起こすのか、原作ファンならずとも期待したいところだ。(编集部・入仓功一)

映画『カノジョは嘘を爱しすぎてる』は2013年12月 全国东宝系で公开


佐藤健、『カノジョは嘘を爱しすぎてる』主演に! ヒロインは圧倒的歌唱力の超新星

『仆は妹に恋をする』、『仆の初恋をキミに捧ぐ』など映画化もされた大人気少女コミックを生み出し、ティーンから圧倒的な支持を集める青木琴美の最新作『カノジョは嘘を爱しすぎてる』のキャストがついに明らかとなった!

【ニュース】佐藤健まとめ(『BECK ベック』~『るろうに剣心』まで)

原作は、现在までに累计270万部を突破した大ヒットコミック。音楽业界を舞台に、25歳の天才サウンドクリエイター・小笠原秋と、普通の高校生・小枝理子との年の差ラブストーリーに加え、天性の歌声によってスターへの阶段を駆け上がる理子や、华やかに活跃するクリエイターたちが楽曲を生み出す过程や葛藤など、“ビジネス”としての音楽业界をリアルに描いたストーリーで人気を博している。

主人公・秋には、日本映画界を牵引する若手俳优の佐藤健。さらに、ヒロイン・理子役には、约5,000人が応募したオーディションを圧倒的な歌唱力で胜ち抜いた新星・大原樱子が演じることに。

“屈折した天才”というカリスマ性にあふれた秋を演じる佐藤さんは、『BECK ベック』でのギター演奏に続き、本作ではベース、さらには作曲にも挑戦。「本格的な音楽シーンと少女漫画ならではの胸キュンなストーリーを楽しんでいただけたら」と意気込みを语っている。

秋と恋に落ち、后に剧的なデビューを饰る理子を演じる大原さんは、17歳の现役女子高生。昨年行われた「リコを探せ!オーディション」で、本作の监督で『タイヨウのうた』ではデビュー前だったYUIを大抜擢した敏腕监督・小泉徳宏、椎名林檎や平井坚らの楽曲を手がける本作の音楽プロデューサー・亀田诚治らも満场一致で选ばれた、まさにシンデレラガールだ。

いま日本で一番女子のハートを鹫掴みにする俳优・佐藤さんと、その佐藤さんも「鸟肌が立ちました」と大绝賛する歌声をもつ大原さん。役になりきった2人が撮影に挑んだビジュアル写真は、原作の秋&理子そのもの! 2人が奏でる胸キュンの恋と音楽に、期待せずにはいられない。

『カノジョは嘘を爱しすぎてる』は12月、全国东宝系にて公开。


佐藤健绝賛!大原樱子、歌唱力で映画ヒロイン


俳优、佐藤健(23)が12月に公开される人気コミックの実写版映画「カノジョは嘘を爱しすぎてる」(小泉徳宏监督)に主演することが6日、分かった。また、昨春、サンケイスポーツなどを通じて公募したヒロイン役に大原樱子(さくらこ=17)が决定。圧倒的な歌唱力で5000人から选ばれた逸材は、剧中と同じく歌手デビューを予定している。サウンドクリエーター役の佐藤は「鸟肌が立つほど素晴らしい歌声」と大原を绝賛した。

 映画にドラマに大活跃中の佐藤が新たに挑む胸キュンラブストーリー。相手役は、演技経験のないシンデレラガールだ。

 原作は、月刊少女志「Cheese!」で连载される漫画家、青木琴美さん(33)の同名漫画。既刊の単行本10巻は累计270万部の売り上げを夸り、「カノ嘘」の名で少女たちに爱される人気コミックだ。

 佐藤が演じる主人公は25歳の天才サウンドクリエーター、小笠原秋(アキ)。人気バンドのメンバーだったがメジャーデビュー后に脱退し、表舞台には出ずに作曲家として楽曲提供をしている。

 ふとしたことで女子高生、小枝理子(リコ)と出会い、リコもアキの正体を知らないまま付き合い始める。だが、リコが天性の歌声を持つことを知った有名プロデューサーが彼女をスカウトし、3人组バンドのボーカルとしてデビュー。2人の恋爱模様も変化する…。

 制作阵はリコ役の歌唱力を重视して昨年3月から「リコを探せ!オーディション」と题した一般公募に踏み切り、同6月までに约5000人の応募があった。书类・音源による选考、面接による歌唱选考など数回の审査を経て、昨秋に6人まで绞り、ボイストレーニングやストリートライブを通じて、昨年末に大原の起用を决定した。

 大原は応募时、芸能事务所に所属していたが、エキストラ程度の経験しかない普通の女子高生。学校で友达からオーディションの存在を偶然闻き、応募した。制作侧は「歌の存在感はずば抜けていた」と明かす。

 一方の大原は「选ばれたと闻いたときは『无』でした」と惊きを隠せない。「カメラの前に立ったことがほとんどないので紧张しますが、私なりに弾けて顽张りたい」とフレッシュに意気込む。

 大原との颜合わせで歌声を聴いた主演の佐藤も「本当に素晴らしくて鸟肌が立った。とにかく声がいい! 诚実で纯粋で何にも染まっていない感じがリコにピッタリ」と太鼓判を押す。

 12月の公开に合わせて歌手デビューも予定。新歌姫の诞生を描く同作で、本当に新歌姫が诞生する。


映画『カノジョは嘘を爱しすぎてる』主演は佐藤健 ヒロインは现役女子高生抜てき


俳优の佐藤健が人気少女コミックを実写映画化する『カノジョは嘘を爱しすぎてる』(12月公开)で、主人公の天才サウンドクリエイター・小笠原秋役を演じることが6日、わかった。ヒロインの女子高生・小枝理子役は、オーディションで约5000人のなかから选ばれた期待の新人・大原樱子(17)が演じる。大原は1996年生まれの现役女子高生。本作の监督で『タイヨウのうた』(2006年)でデビュー直后のYUIを起用し、スターダムに押し上げた小泉徳宏监督、元“东京事変”のベーシストで椎名林檎やスピッツ、平井坚等の多くの楽曲を手挂ける、本作の音楽プロデューサー・亀田诚治から歌声を评価され、満场一致で大抜てきされた。

 同作は、音楽业界を舞台に、25歳の天才サウンドクリエイター・小笠原秋と、普通の女子高生・小枝理子との年の差恋を描く物语。単なるラブストーリーだけでなく、突如スターへの阶段を駆け上がる天性の歌声を持つ理子を始め、华やかに活跃するクリエイターたちが、音楽作りの过程でどのように悩み、楽曲を生み出していくのか、“ビジネス”としての音楽をリアルに描き出し、人気を博している。

 原作者は、『仆は妹に恋をする』(2007年:松本润&荣仓奈々)、『仆の初恋をキミに捧ぐ』(2009年:冈田将生&井上真央)など、それぞれ映画化もされた大人気コミックを生み出し、现在、ティーン、F1层から圧倒的な支持を集める青木琴美。原作コミックは、これまでに累计270万部突破(既刊10巻)の大ヒットを记录している。

 そんな満を持しての映画化作品への起用に、佐藤と大原、さらにスタッフはそれぞれ下记のコメントを寄せている。なお撮影は、2013年3月中旬~5月中旬を予定している。

【佐藤健】
 もともと自分自身、音楽が大好きでアーティストの方々への憧れもあったので、今回の役は本当に楽しみです。(原作を読んだ感想は)久しぶりに“THE少女漫画”を読んだなという感じでした。自分が(秋の)台词を言うと思うと少し耻ずかしいのですが、この世界にどっぷりはまれればと思います。小笠原秋という役は、カリスマ性があり、特に何をするわけでもなくても人から注目され、爱されるキャラクターです。

 初めて(ヒロイン・小枝理子役の)大原さんに会ったときに、弾き语りをして歌を聴かせてくれたのですが、本当に素晴らしくて鸟肌が立ちました。とにかく声が良い!诚実で纯粋で何にも染まっていない感じが理子にぴったりだと思います。(撮影を迎えるにあたり)作曲シーンや楽器の演奏シーンは剧中で重要なので、リアルに见せられるように今から気合を入れて准备をしています。

 少女漫画ならではの胸キュンなストーリーと、本格的な音楽シーンを楽しんでいただきたいです。ぜひ公开を楽しみにして下さい!

【大原樱子】
 オーディションを受けたきっかけは、学校で友だちが「『カノ嘘』のヒロインが、さく(大原のあだ名)にぴったり!」と话していたのを偶然闻いて、オーディションがあることを知ったことでした。歌を歌うことはずっと好きで、小さい顷からクラシックを习っていて、高1の文化祭のあとからボイストレーニングをはじめました。(5000人の中から)选ばれたと闻いたときは「无」でした。その后徐々に「友だちにきっかけをもらってオーディションを受けて受かった」という巡りあわせに感谢しました。“テレビで见るだけの人”だった佐藤健さんが秋役で、ドキドキしています。カメラの前に立ったことがほとんどないので紧张しますが、私なりにはじけてフレッシュにがんばりたいです。



【小泉徳宏监督】
■佐藤健に関して
 小笠原秋は、どこにいても何をしていても哀愁が漂う、およそ主人公らしからぬ少し変わった人物。その役に相応しい俳优を探すにあたってまず考えたのは、ただそこに立っているだけで絵になる役者に演じて贳いたい、という事でした。佐藤健さんは背中だけでも芝居ができる稀有な俳优です。佐藤さんの事を思い浮かべたその瞬间から、秋を演じている佐藤さんしかイメージできない病に罹り、もはや他の俳优では考えられないぐらいになってしまいました。佐藤さんほどこの役に相応しい俳优はいません。今回の映画では、佐藤さんのたたずまいと色気を中心に作品にしていこうと思います。

■大原樱子に関して
 オーディションを始めた当初は、正直言って「本当に见つかるだろうか」という不安もありました。原作で描かれる小枝理子があまりにも完璧で、歌が上手く、芝居もできて、人间として芯が通り、一方で天真烂漫なところもあるという女の子が、现実の世界で见つかるとは思えなかったからです。

 ところが第一回の书类选考で、大原さんから送られてきた歌声を闻いて「あ、この子が理子だ」と直感で思ったのをよく覚えています。他にも多くの有力候补がいるなか、大原さんの歌唱力、存在感は圧倒的でした。仆が抱いていた不安は大原さんと出会えた事で惊くほど呆気なく消し飞んだのです。それと同じように映画の中でも、小笠原秋の抱える悩みや不安を、きっとカノジョが消し飞ばしてくれるでしょう。

【亀田诚治音楽プロデューサー】
■理子役に大原を选んだ理由
 理子には、満场一致でまったくの新人の大原樱子を选びました。理由は、その声です。彼女が初めて审査室で、仆らを目の前に歌った时、その声をもっと闻きたいと思いました。そして小さな体から発せられる、その歌に圧倒されました。歌う事に対する覚悟がちがって、歌に込められた思いがものすごい热量でこちらに向かって飞んできました。初めて会ったその日から、理子はこの子になるだろうなと予感したのを覚えています。

 演技にも前向きで、小泉监督からのちょっとしたアドバイスを、すぐに取り入れていく勘の良さのようなものを感じました。もちろん、この勘の良さは、彼女の音感にもそのまま生かされています。ですから、いくつもの审査を乗り越え、大原樱子が理子役に选ばれたのは、きわめて能动的、必然的に思えます。

■音楽プロデューサーとして映画『カノ嘘』で表现したいこと
全ての楽曲が、この映画『カノ嘘』用に、新しく书き下ろされています。とにかく「新しい音楽映画に」したいのです。全部が新しい必要はなくて、「どこか新しい」と感じさせるもの。今まで数多くの音楽映画を観てきましたが、なんか当たり前のバンド像や音楽シーンに収まっている気がして。だから、原作を読み、脚本を読み、仆のレコーディング现场も彻底取材してもらって、原作の持つビビッドな音楽観をしっかりと増幅した、最高の音楽青春映画を目指します。大原樱子演じる小枝理子を辉かせるためにも、佐藤健演じる小笠原秋を辉かせるためにも、映画『カノ嘘』の世界でしかつくれない音楽を作りたい。


<佐藤健>「カノ嘘」実写映画版に主演 相手役に17歳シンデレラガール

俳优の佐藤健さんが、青木琴美さんの人気マンガを実写化する映画「カノジョは嘘を爱しすぎてる」(カノ嘘)で主演を务めることが7日、明らかになった。佐藤さんは、大人気バンド「クリュード・プレイ」の元メンバーで、现在は天才サウンドクリエーターとして活跃する小笠原秋を演じる。秋の恋人でヒロインの小枝理子役には、一般オーディションで约5000人の応募者の中から胜ち抜いた17歳の女子高校生・大原樱子さんが选ばれた。映画は12月に公开予定。

【写真特集】佐藤さんが登场したイベントの様子

 「カノジョは嘘を爱しすぎてる」は、音楽业界を舞台に、25歳の天才サウンドクリエーター・秋と、普通の女子高生・理子の年の差恋爱を描いた物语。少女向け月刊マンガ志「Cheese!」(小学馆)で09年から连载されており、コミックスの累计発行部数は10巻までで270万部を记录しており、ファンからは「カノ嘘」の爱称で亲しまれている。ある日、秋は気まぐれで、女子高生の理子に声をかける。理子は「クリュード・プレイ」の大ファンだったが、秋は自分の正体を告げないまま理子と付き合うことに。しかし、有名音楽プロデューサーが理子の歌手としての才能を见いだしスカウトしたことから、2人の运命は大きく动き始める……というストーリー。

 佐藤さんは、同作に出演するにあたって「久しぶりに“THE少女マンガ”を読んだなという感じ。自分が(秋の)せりふをいうと思うと少し耻ずかしいのですが、この世界にどっぷりハマれればと思います」とコメント。また、「もともと音楽が大好きでアーティストの方々への憧れもあったので、今回の役は本当に楽しみです」と期待を寄せている。

 また佐藤さんは秋がバンドでベーシストを务めていることからベースの演奏も披露する。プライベートや映画「BECK」(10年公开)でギター経験はあるものの、ベースに挑戦するのは初めてで「本格的な音楽シーンと、少女マンガならではの胸キュンなストーリーを楽しんでいただけたら」とアピールしている。

 一方、理子役の大原さんは、学校の友人の勧めで同映画のオーディションに応募し、歌唱、演技など约半年间にわたる审査を経て、「圧倒的な歌唱力」を理由に审査员の満场一致でヒロイン役に选ばれた。もともと小さいころから歌うことが好きで、高校1年からはボイストレーニングに通っているという。佐藤さんは「初めて会った时に弾き语りをして歌を聴かせてくれたのですが、本当に素晴らしくて鸟肌が立ちました。とにかく声がいい!」と绝賛し、原作者の青木さんも「オーディション途中、まだたくさんの候补者が残る中で初めて彼女の歌声を闻きました。その时から彼女だと思っていました」と太鼓判を押している。

 撮影は3月中旬から5月中旬に行われる予定。メガホンは「タイヨウのうた」の小泉徳宏监督がとり、音楽は元「东京事変」のベーシストの亀田诚治さんが担当する。(毎日新闻デジタル)


搬一个隔壁吧的中文新闻,去年映画化决定的新闻

《妹妹恋人》、《最美我的初恋》等人气漫画的作者青木琴美的最新作品《迷雾中的蝴蝶》将由富士电视台制作真人版电影。女主角将以选秀的形式决定。


《迷雾中的蝴蝶》是青木琴美在《Cheese!》(小学馆)上连载的最新人气漫画。以音乐界为舞台,讲述25岁的天才音乐制作人与拥有动人歌喉的16岁女子高中生之间跨越年龄的爱情故事。本作单行本目前已出版至第8集,累计销量突破250万本,是青木琴美继《妹妹恋人》和《最美我的初恋》之后的又一部被真人版化的人气漫画。


《迷雾中的蝴蝶》讲述超人气乐队CRUDE PLAY的前成员、著名音乐制作人小笠原秋在乐队出道后就宣布脱离,不过却继续创作音乐。CRUDE PLAY的粉丝理子对秋的歌声和脸孔都一见钟情。秋隐瞒自己的身份与理子交往。令CRUDE PLAY出道的音乐制作人发现了理子的才能,想让理子出道,但是理子却拒绝了。结果,秋从CRUDE PLAY退出后,取代了秋的筱原心也成了理子的制作人。心也是秋决定退出CRUDE PLAY的直接原因。两个本来就有些过节的男人,因为理子的出现,关系变得更加紧张了。


由人气漫画改编的真人剧,粉丝一般都会非常关心主角是谁。但是本片的女主角将一反常规,不再是由知名女演员出演,而是采取面向一般大众选秀的形式,选出最能体现女主角特色的新人女演员。凡是认为“我就是理子”的13岁以上的女性,无论有没有演出经验都可以参加招募。招募时间从即日起到6月30日为止,是一项将持续3个月的大型企划。因为是一部音乐电影,所以参加者需要提供自己演唱的两首歌曲,供评委组参考。总而言之,这次一场非常公平、正规的选拔,相信最后选出的女主角一定不会让粉丝失望。

执导本片的导演是以电影《太阳之歌》25岁就出道的小泉德宏监督。小泉监督说:“凡是看过《迷雾中的蝴蝶》这部漫画的人,都会产生‘想听一下理子唱歌’的想法,所以本片成功与否很大程度上取决于理子这个角色是否演好。选拔的时候,不仅要考虑演员是否符合理子这个角色,还要考察歌唱和演技,以及精神意志和潜在能力。如果你是认真的,我们也会非常认真地审核你。请相信自己的可能性,来参加竞选吧。”此外,前不久刚刚解散的乐队“东京事变”贝斯手、音乐制作人龟田诚治说:“我们的真正人物是希望通过这次选拔,找出超越原作理子的现实生活中真正的理子。


我来抢沙发了,砂糖你的新工作原来是介个啊。希望这回这个女主角和你般配点


总结下:
3月中旬开拍,5月中旬结束预定
12月东宝系公开,
映画官网上有CX映画局的logo,所以看来CX是合作者,可以期待某人上CX的宣番了
女主是选拔出的高中生
砂糖会有吉他scene和作曲scene
根据上面的中文新闻,估计是三角恋?还会有一位男二


富士台,东宝配给,圣诞档 ,啧啧。。。。。不过这次完全单抗了,鸭梨不小啊


官网在这
http://kanouso-movie.com/
暂时还没更新


这个漫画原著不知道影响力如何,我看见有日饭在2酱上说根本不知道这一部。。。。


推特上的图,今早电视新闻


同推特,纸面新闻



再来一张报纸





度娘来的其他重要人物,感觉有点老套


瞬(しゅん)CRUDE PLAY的主唱。秋的青梅竹马,学生时代关系
心也(しんや)秋隐退后,代替秋的位置加CRUDE PLAY的新成员。
茉莉(まり)被称为天后歌手,秋从前的女朋友。
高树 総一郎(たかぎ そういちろう)CRUDE PLAY和茉莉的音乐制作人。
君嶋 佑一(きみじま ゆういち)理子的青梅竹马,喜欢着理子。负责乐队吉他
山崎 苍太(やまざき そうた)理子小时候的邻居,负责打鼓


激动,这本漫画我超爱的


这个导演的知名作,东京之歌的女主也是唱歌的


再感叹:砂糖在映画路线上一去不复返啦!


大致讲的是一个高中女生,很喜欢音乐,然后他很喜欢一个音乐制作人(就是砂糖演的男主角),有天给家里送货,走在路上哼歌,正好男主经过听到了,然后勾搭啦就成了男女朋友。
但是女主不知道他就是那个制作人......女主的嗓音很有天赋后来做了歌手......大致是这样


一早起来看到这个...怎麼又是漫改?!
现在泥红映画这麼流行这个啊....
这种题材让我想到交响情人梦了
满担心原作名气不足的
而且看剧情....这角色...之前也演过音乐业界的人吧
其实比起电影,还是更希望他上剧,不然对海外放来说会觉得怎麼他不见了...
嘛不管如何看到监督对他的肯定也是令人高兴啦
监督说小笠原秋是个有著忧郁气质,有点与众不同的角色,需要的就是光是站在那里也像是一幅画的人,而佐藤健就是不二人选,且监督赞美砂糖是「即使只是背影也有戏的稀有演员」,这真是说得太好了XDDDD

好吧这样看起来至少砂糖看起来会很帅.....(殴)


好吧这新闻把我这个没时间挤出时间过来的人炸出来了


推荐应用
为兴趣而生,贴吧更懂你。